ガラスコーティングなどの車のボディコーティングは、塗装面の艶を保ち、キズや汚れを防ぐために人気のカーケアです。車は日常的にどうしてもキズがついたり汚れたりしてしまうため、ボディコーティングを施すことで、飛び石・花粉・雨水など様々なダメージから守ることができます。

こちらでは、車のボディコーティングの概要や種類、作業の流れを紹介します。車のボディコーティングをお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

ボディコーティングはどんなもの?

ボディコーティングとは、車の塗装面をコーティング膜で覆うことを意味します。ボディコーティングは、塗装面の艶を向上させるだけではなく、キズ・汚れ・変色の予防にもつながるのです。

車の走行中は、どうしても飛び石や砂埃、鉄粉などが表面に当たってしまいます。また、車を屋外に置いていると、花粉・雨水・紫外線なども塗装の劣化の原因になります。塗装面をむき出しにしていると、このような様々なダメージを受けてしまう可能性があるため、ボディコーティングが大切なのです。塗装面にボディコーティングで薄い膜を形成しておくことで、様々なダメージから車を守ることができます。

また、ボディコーティングの膜があることで表面が滑らかになるため、洗車時に汚れを落としやすいといったメリットもあるのです。

ボディコーティングの種類

車のボディコーティングには、大きくわけて「ガラス系コーティング」と「ポリマー系コーティング」の2種類があります。

ガラス系コーティング

ガラスやガラス繊維を含む素材を使ったコーティングです。「ガラス系」とひとまとめに言っても様々なコーティング剤があり、ガラス繊維の含有量によって性能に差があります。ガラス質を主成分としたガラスコーティングなら、長期間塗装面のキズ・酸化・劣化などを防ぐことができます。

ポリマー系コーティング

シリコンやフッ素などを含む素材を使ったコーティングです。ボディコーティングの中でも比較的施工が簡単で、安価な点がメリットといえます。あまりコストはかけられないが、コーティングを施したいといったときにおすすめの方法です。

ガラスコーティングとワックスはどう違う?

成分

ワックス 植物油(カルナバロウ)が主成分となっており、石油系ワックスと天然ワックスの2種類があります。カルナバロウは、非常に硬い成分なので、そのまま使用することはできず、石油系の溶剤を配合したり、植物性のオイルを配合したりして、車のボディへ塗布する際に伸びやすくなっています。
ガラスコーティング 二酸化ケイ素が主成分となっており、実質的にはガラスではなく、ガラスの組織に似た成分となっています。ガラスの組織に似ていることで、とても強度が高いのが特徴です。

施工方法

ワックス スポンジにワックスをなじませて、一定方向にムラなく塗っていきます。ボンネットは縦方向、ドア部分は垂直方向、その後重ねるように横方向にも塗っていきます。一通り塗り終えた後は、布で拭き取り仕上げていきます。車のボディ全体を塗り、仕上げの拭き取りまで、ご自身でやろうとすると時間がかかります。
ガラスコーティング ガラスコーティングは塗布、拭き上げ、乾燥の手順で施工ができます。ですが、ご自身でやろうとすると、施工前の下地処理があるのと、施工の際は高い技術が求められるのでなかなか難しいです。そのため、ガラスコーティングの専門店に依頼するのが一般的です。

耐久性・持続性

ワックス 艶出しとしての役割が大きいので、あくまで表面を覆う程度となっています。そのため、雨や洗車などでワックスが落ちやすくなっており、数週間~1ヶ月程度しか効果は持続しません。
ガラスコーティング 車のボディを覆い保護する役割があるため、ワックスよりも耐久性・持続性は長くなっており、約3~5年ほど効果は持続します。塗装の艶を出すのはもちろん、汚れやキズがつきにくいのが特徴です。

ボディコーティングの流れ

ボディコーティングは業者へ依頼する方も多いかもしれませんが、一般的な知識として作業の流れを知っておきましょう。

1:洗車

まずは、車の表面の汚れを丁寧に落としていきます。満遍なく車に水をかけ、専用の洗剤で洗っていきます。

2:鉄粉の除去

何年も乗っていて汚れている車は、鉄粉が付着している可能性が高いです。鉄粉をそのままにしておくとコーティングの定着が弱まってしまうため、専用の鉄粉除去剤を使用して鉄粉を取り除いていきます。

3:水垢除去・シミ取り

塗装面に固着した水垢も、水垢除去剤を使用して落としていきます。また、シミ汚れがある部分も洗浄作業を行うことで、ボディコーティングの効果を高めることが可能です。

4:研磨・脱脂作業

塗装面をよく乾かしたら、表面の細かいキズや汚れを研磨していきます。丁寧に磨き上げることで、ボディコーティングのクオリティも上がるのです。また、研磨が終わったら、残っている研磨剤や汚れ、油脂をクロスで拭き取ります。

5:コーティング剤の塗布

最後にコーティング剤を塗装面全体に塗り込んでいきます。専用のスポンジなどでムラなく塗り込み、しっかりとコーティングが硬化するまで乾燥させます。これでボディコーティングは完了です。

車のボディコーティングなら!ガレージナッズのガラスコーティング

車のボディコーティングは、車の表面の汚れやキズを防ぐために大切なものです。ボディコーティングをお考えなら、ぜひガレージナッズへお問い合わせください。

ガレージナッズでは、新世代のオリジナルガラスコーティングであるNAXコートを使用しています。ガレージナッズはガラスコーティング専門店なので、下処理から丁寧に行い、美しいボディに仕上げることが可能です。

「車の撥水性を高めたい」「持続力のあるボディコーティングがいい」とお考えの方は、ぜひご利用ください。

ガラスコーティングに関するコラム

愛車のボディをキズや撥水効果で汚れから守る!
ガラスコーティング専門店 ガレージナッズ

ガラスコーティング専門店ガレージナッズ外観
ガラスコーティング専門店ガレージナッズ内観
屋号名 ガレージ ナッズ
会社名 株式会社 ナッズ
代表取締役 東 大介
住所 〒002-0857 北海道札幌市北区屯田7条5-2-8
電話番号 011-299-9791
FAX番号 011-299-9792
E-mail info@nazds.jp
URL https://naxcoat.jp/
定休日 毎週 水曜日 / 第2土曜日 / 第4木曜日
営業時間 AM 10:00 ~ PM 6:30
古物商許可証 第101280001705号
事業内容 中古車販売、車検、整備、チューニング、運輸局認証工場完備
運輸局認証番号 第1-2796